2009年1月16日 (金)

へたれ。

キッズステーションがアニメ『ヘタリア』の放送を中止しましたね。
まぁWEB配信は有るらしいのですが。。。

そもそもこの『ヘタリア』ですが、世界の国を擬人化して描かれた漫画です。
国民性とかをネタにした漫画であり、その内容から韓国が苦情をだしたらしいのです。

でも漫画に出演した韓国はアニメには出演予定がないらしいのです。

でも韓国からの圧力に屈してアニメが中止になったそうです。

日本を侵略しておきながら日本のアニメにいちゃもんを付ける神経は到底わかりませんが、クレーマーに簡単に屈してしまったキッズステーションにもがっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

ぱーるはんじ。

小林よしのり氏の『パール真論』を購入しました。
大東亜戦争終結後、極東軍事裁判にて日本無罪を主張した判事であるパール氏についての記述です。
少しずつ読みふけります。

=================
今日は患者さんとシベリアでの捕虜についてお話をしました。患者さんがシベリアでの捕虜を経験されていた為、貴重なお話を伺えました。なかなか公に書けない事も多いのですが、壮絶な捕虜生活だったのはまぎれも無い事実です。
そんな患者さんも言ってましたが、最近は戦争について語られるときは、ほとんどが日本が
加害者になっていると。確かに戦争なのだから加害者の側面はあるだろう。しかし、被害者の側面も大きい戦争だった。その事を語る媒体があまりに少ない、と。

日本が悪でなくてはならないと考える人は、国内外問わず沢山いらっしゃいます。日本軍はやってもいなかったり、下手したら他国の責任まで被っています。そしてその事実を子供には教えないまま『かの戦争は悪の帝国日本が。。。』なんて語る始末。
もはやお花畑の夢物語です。

パール判事がなぜ日本を無罪にしたのか。学ぶ価値はあると思います。そもそもパール判事を知らない輩が多過ぎるか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ぱっぱら3。

松沢夏樹氏のコミック『逆襲!パッパラ隊』3巻を購入拝読しました。

もともと前作である『突撃!パッパラ隊』が好きで読み始めたマンガでしたが、どんどん面白くなってきています。
当時の勢いが3巻で戻ってきた感覚さえ覚えます。笑いました。

このマンガはやはりとびかげ1人で支えている笑いが有りますね。もちろん隊員のお兄さんのボケも昔を思い出して面白いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

まにごるど。

遅ればせながら今月上旬に発売された『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 8巻』の感想です。

7巻までの流れとして、アテナの聖闘士対冥王軍は熾烈を極めておりました。アテナ軍は既に魚座のアルバフィカ、双子座のアスミタ、牡牛座のアルデバランが倒れ、射手座のシジフォスが魂に傷を受けて戦闘不能状態。対する冥王軍もミーノスが倒れ、不死の効果が切れる等追いつめられてきています。

そして今回の主役は蟹座のマニゴルド。原作では蟹座は魚座とともに悪役、へたれ役をまかされる等苦汁を飲みました。でも僕の好きな黄金聖闘士は魚座のアフロディーテと蟹座のデスマスクでもあるのですがね。

アフロディーテの先代に当たるアルバフィカはとんでもなくカッコいい最期を遂げました。冥王軍三巨頭の1人、ミーノスと互角に戦い冥王軍の1/3を1人で撃退。自身の毒の被害が内容に周りに人を近づけない配慮までしてしまう。『美しい薔薇には刺が有るとういが、薔薇は刺が有るゆえに孤高なのだ。』彼ほどこの言葉を体現したキャラは居ないでしょう。美しさと裏腹のえげつないほどの強さ。素性に隠された孤独。魚座の最後はあまりにも美しく、哀しい物となりました。

そんなわけで、今回は蟹座が主役なので期待は凄かったです。先代の蟹座はマニゴルド(イタリア語で死刑執行人の意味)。原作のデスマスクに負けず劣らずの悪役名です。
マニゴルドは幼い頃から死と隣り合わせに居たせいか、聖闘士としての修行をする前から魂と会話をしていました。

そして運命的な教皇セージとの出会い。セージは聖闘士として、人としてのすべてをマニゴルドに教えました。マニゴルドもセージの教えに心を打たれ、指事を仰いだのでしょう。
マニゴルドがセージを庇って死神タナトスの攻撃を受け倒れた時、そしてセージに対していった『あんたについってってよかった』の一言。このシーンでいかにマニゴルドはセージを尊敬し慕っていたかが伺えます。

そして2人で放った積尸気冥界派。

涙が出そうになりました。

タナトスはセージの策により封印されました。しかしその戦いの中で2人もまた、散っていきました。

僕はこの連載が始まった時、同人誌並みに似たキャラのデザインがどうしてもなじめませんでした。しかし、ここ前読んできて言える事は、『手代木先生、あんた天才だよ。最高の作品をありがとう。』ですね。
聖戦も佳境に入ったとはいえまだまだ死闘は続きます。
聖戦には勝つが牡羊座と天秤座以外全滅。という設定が有るため、物語作りが難しいとは思うけど、期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

あにめやった。

今日やるヤッターマンはアニメのほうやったんやね。てっきり実写かと思ってたよ。深キョンは今日やるのかと。。。

せっかくなので見てみようかな。僕らはタイムボカンは再放送世代だけど、楽しんでた過去があるんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

とらんくす。

久々にドラゴンボールZをレンタルしました。
僕はフリーザ編までしかまともに見ていないので、セルから見ようかと思いました。前半(セルゲーム開始辺りまで)はしっかり見ていたし、ゲームでやってるから大まかな内容は解るんですが、特に後半のセルゲームをしっかり見ておこうかと。

とりあえず、復習もかねて前半から視聴。

フリーザvsトランクス

トランクス強え!!!!!
かっけえぇぇぇぇぇ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

いそのけ、ふぐたけ。

フジテレビ系で放映されているアニメ『サザエさん』
磯野家の長女がフグ田家に嫁ぎながら、何故か磯野家に同居。磯野家には長男カツオが居るんだから、ますます謎の同居劇。

この理由がビックリ。。。
磯野家との同居前、フグ田家の住んでいたアパートの塀をマスオさんが薪にする為勝手に破壊。その事に怒った大家と大喧嘩。トドメでその大家をサザエが殴っている。これは真性のDQNではないか。。。マスオさんがここまで痛い人物とは。。。

参照:wikipedia-サザエさん-

詳しくはマスオさんを紹介する文章に掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

ごうこん。

ケンシロウ(北斗の拳)、アムロ(ガンダム)、ヒロシ(ど根性ガエル)この三人が合コンしたらどんな会話になるんでしょうね。。。

女の子は誰が来るんでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろーぜんめいでん。あんぱんまん。

アンパンマンの名曲をローゼメイデン風にアレンジ。
ついでにアンパンマンのオープニングもローゼンメイデン風。

アレンジをしっかりやったら更に奇麗な世界感ができるのは間違いないでしょう。

このバージョン、嫌いじゃないです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

きになるまんが。

最近気になるマンガ。

魔法陣グルグル。
ロマン倶楽部。
CHOKOビースト。
PON!とキマイラ。

実家に帰れば全て単行本がそろっている。
お盆に帰省したら読もう。

ちなみにザムディンはグルグルのキャラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)