« あごのはれ。 | トップページ | すぽんじ。 »

2009年10月 8日 (木)

たいいん。

先程、無事に市民病院を退院しました。3泊4日、長いようで短い、濃密なのに暇を弄んだ不思議な毎日でした。

参考書と小説(ともに約400ページ)をほぼ読み切ったので、やはり時間は十分にあったのでしょう。

手術の痛みは全くなく、もはや麻酔薬の後遺症も霧散しました。

今は顎が腫れ上がっているだけです。もともと顎の骨が人より小さく、それ故に親不知が生えるスペースが全くなかったのが今回の手術の原因なのに、手術後に顎が腫れて四角い顔になっているのが皮肉です。
次第に腫れは引き、元に戻るとの先生の言葉を信じるのみです。

僕達療法士が患者(まとまった入院)を経験する機会は意外に少なく、患者さんとの会話にも想像が混じります。どんな偉い先生でも経験がなければ想像を語ります。

今回はリハビリを受けるような所謂『障害』はありませんが、食事形態や安静臥床などの患者体験もできました。
貴重です。


明日からの臨床に生かしていきたいものです。

|

« あごのはれ。 | トップページ | すぽんじ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/31701016

この記事へのトラックバック一覧です: たいいん。:

« あごのはれ。 | トップページ | すぽんじ。 »