« たいかん。 | トップページ | らくしゃ。 »

2009年10月27日 (火)

こつまくえん。

先週我が身に起こった事です。

火曜日頃より自分の顔に左右差が生じている事に気付きました。
『勘が鋭い』と言おうか、『観察力が鋭い』と言うべきか一部の患者さんにも指摘されました。

まぁ大した事無いだろうと、まだ以前の抜歯が完治してないのだろうと軽く観ていました。

水曜日、左顎の外側にコリコリ感を感じました。見た目も火曜日に比較して少し腫れてきました。何らかの異変が生じている事がわかりましたが、危機感はなく、金曜日にかかりつけの歯医者に行けば良いと思っていました。(木曜は歯医者が休み)

木曜日の朝、目を覚まして左顎の重さに違和感を感じました。鏡を観て顔面の崩壊っぷりに驚愕と絶望を感じました。
午前中は取りあえずマスクで顔を隠しながら業務をしました。昼休みに電話で、以前手術を行ってくれた口腔外科に相談。感染の可能性、歯肉下での出血の可能性を説明され、受診を勧められましたが、業務上どうしてもあけられず無理でした。

午後からも腫れはどんどん酷くなり、僕の顔は観るも無惨に変形しました。
あぁ北斗の拳のモヒカンのザコキャラはこうして朽ちていくのだなぁ。。。なんて思ってみるほどでした。一人でヒデブ!とか言ってました。

尋常じゃない腫れに再び口腔外科に相談。業務後受診させてもらえる事になりました。

あわてて口腔外科に向かい、先生に診せると即切開と成りました。

診断名は『骨膜炎』です。

緊急で切開、デブリ、ドレーン挿入をしました。同時に抗生剤の点滴も行われました。

約1時間の治療の末、帰宅の徒に付きました。
手には2枚の紹介状。1枚は現状が記してあり、掛かり付けの歯科に持っていくものです。もう1部は自分の勤務する病院宛です。抗生剤の点滴が必要との事でした。

金曜日、自分の病院で点滴を打ちながら業務をなんとかこなしました。顔の腫れはどんどん小さくなってきております。業務終了後は掛かり付け歯科に行き、傷の処置をしてもらいます。

土曜日、点滴は続きますが受診の必要はなくなりました。

日曜日は、ケアマネ試験・岐阜県認知運動療法研究会の勉強会がありましたが、鞄の中には抗生剤と痛み止めを常備しています。

そして、本日月曜日。
午前に半休を貰い口腔外科に受診。やっと抜糸&ドレーン抜管です。

まだまだ抗生剤治療は続きます。。。

今回の一連の騒動で、改めて看護師さん(歯科衛生士さんを含む)は天使だと実感しました。
歯科医師は素晴らしく、神に見えました。

まだ本調子にはほど遠く、乗りたい自転車も我慢しています。もどかしい毎日です。

|

« たいかん。 | トップページ | らくしゃ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/31955481

この記事へのトラックバック一覧です: こつまくえん。:

« たいかん。 | トップページ | らくしゃ。 »