« こりませんね。 | トップページ | つかいすぎた。。。 »

2009年1月 7日 (水)

はけんのひんかく。

毎日新聞/生活危機:「面接に行く費用がない」派遣村からの移動の失業者、厚労省に支援要請

これまた毎日新聞からです。こっちは真面目な記事です。たぶん。。。

内容は見出しの通りなんですが、気になる一文が在るのです。

派遣村の住人と思しき男性のコメントの引用なんですが、「要望には、労働者と派遣村実行委員会メンバーの計約100人が参加した。生活保護を申請してアパートを借りようとした男性は、判子と住民票があれば借りら れるところだったが、判子購入や住民票取得の費用がなく、申し込みができなかった。別の男性は職業相談で面接が決まっても、交通費がなく断念した現状を説 明、「一日も早く仕事を決め自立したい」と話した。」とあるのです。

最近まで派遣社員だったのなら給料振込用の銀行口座があり、当然判子は持っているのでは?
そもそも派遣で手取りが少なかったとはいえ貯蓄がないのが解せません。真面目に働けば、収入が少なかったとしても収入の1割くらいなら貯蓄できるのでは?大病や急な冠婚葬祭に備えてある程度の貯蓄が在るのでは?

この問題で気になるのが、派遣を切られ本当に困窮している人と、それに便乗してごね得を狙う人が混在している事ですね。

あとは政局が絡まり、資本主義と共産主義せめぎ合いに利用されてたり。。。

あと、何らかのイデオロギーを持った市民団体に利用されてみたり。。。

本質を失ったままの迷走って感じですね。
このチャンスにテレビドラマの『ハケンの品格』の再放送でもやったらどうでしょう?
派遣絶賛の時代、ありましたよね?

そもそも資本主義とは何でしょうか?

|

« こりませんね。 | トップページ | つかいすぎた。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/26907005

この記事へのトラックバック一覧です: はけんのひんかく。:

« こりませんね。 | トップページ | つかいすぎた。。。 »