« くろすばいく。しくろくろす。 | トップページ | ふろいどのーす。 »

2008年5月16日 (金)

てさぎょう。

職場の先輩方や利用者さんにアブラムシ退治の話をしてみた。
農業のプロである利用者さん達は僕の最高のアドバイザーとなる。
(まじめに仕事はしてますよ)

意見は二分する。

①最低限の農薬致し方なし。収穫期を避け、早めの散布で効果を発揮すべき。
②農薬の使用は本末転倒。そもそも自家栽培の極意は無農薬。地味で時間がかかっても手作業で処理すべし。

どちらも正論に感じる。

そこで気合いが続く限り手作業での害虫駆除に勤めます。病気等でどうしようもなくなるまで薬剤には頼りません。

そして忘れていたもう1つ作りたいもの。

『唐辛子』

スーパーで売っている唐辛子はほとんどが中国産。食の安全を重んじつつ、辛い者が好きな僕には中国産唐辛子の使用は辛い選択でした。

自家栽培して国産唐辛子を食べなくては。

明日にでも苗を買ってこよう。

|

« くろすばいく。しくろくろす。 | トップページ | ふろいどのーす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/20988594

この記事へのトラックバック一覧です: てさぎょう。:

« くろすばいく。しくろくろす。 | トップページ | ふろいどのーす。 »