« そろそろ。 | トップページ | まじゅう。 »

2007年11月15日 (木)

うちゅうせん ぺぺぺぺらん。

幼少期の狂花少年に多大な影響を及ぼした児童向け絵本『宇宙船ペペペペラン』。
実家に帰って、絵本を実際に確かめました。僕の記憶やネット情報と、実際の絵本の内容が若干乖離していたので改めてレビューします。

ちなみにこの絵本、株式会社世界文化社さんから昭和46年に発売された『ドレミファブック(全20巻)』の11巻らしいです。どうやら両親が親戚から譲り受けたらしく、頂いた時にはレコード等も無かったとの事でした。

1


===内容===

街の公園で子供達が遊んでいると、白いひげのおじいさんが現れます。おじいさんに子供達が話しかけても、おじいさんは上の空。歌を歌います。

2

歌は宇宙船ペペペペランのお話。

27人の子供達が乗ったペペペペランは、アンドロメダを目指し飛び立ちます。いずれ一組、また一組と結婚しますが、弱虫ロンはひとりぼっち。

ある時、宇宙船に隕石が衝突します。船外での修理が必要となりますが、宇宙空間へ出る勇気は誰にもありませんでした。そこへ勇気を振り絞ったのがロン少年。船外活動を行います。しかし、無情にも隕石により故障したコンピューターはロンが外に居るにも拘らず、宇宙船を発車してしまいます。

3

宇宙空間へ置いて行かれたロン少年がその後どうなったか、誰も解りません。

また宇宙船が無事にアンドロメダに付いたかも誰も知りません。

おじいさんが何者か明かされないまま物語は終ります。

空に1つ、ほうき星が流れて行きました。


4_2



改めて読んでみた感想ですが、深い。幼児がこれほどの内容を理解できるものなのか。。。

そして、哀しいのに引き込まれて行く。大人が読んでも考えさせられる良い本でした。この本は一生大事にすると思います。

|

« そろそろ。 | トップページ | まじゅう。 »

コメント

 現在は、レコード収録のモノがYouTubeで聴ける様になってますね。

https://youtu.be/auLeXuc8kGI

投稿: | 2017年2月 2日 (木) 19時58分

このドレミファブックのシリーズはとてもクオリティーが高いですよね。自分はものごころ付く頃に良く子守唄代わりに聴いてたました。中でもこのペペペペランと白鳥の湖、小鹿のバンビがベスト3でした。

ペペペペランは谷川俊太郎の作品なんですよね。

私は大人になってから、おじいさんが例の弱虫ロンだと気付きました。最後の歌の部分で「星の間を漂い、大きな声で歌を歌う、懐かしい地球は星の彼方〜♪」(うろ覚えですが)とありましたので、ロンは惑星間をさ迷う内に地球に戻って来たのだと思います。
冒頭の部分で、子供達がおじいさんにどこから来たのか、何歳なのかなどと色々質問しますが「さあ、どこから来たのかな。歳はいくつなのかな」と答えてますけど、おじいさんはきっと何十年、何百年前に地球を飛び発って帰って来たのだと思います。

この物語は希望的な事が一切提示される事なく終わりますけど、「どこからか子供を呼ぶお母さんの声が聞こえて来ました」という結びが私はとても好きでした。そしてそのフレーズが物語の寂しさを倍増させてる気がします。

レコード是非手に入れてみてください。とても素敵ですよ!

投稿: タンキチ | 2012年7月26日 (木) 03時37分

Don't you understand that it is the best time to receive the business loans, which would make your dreams come true.

投稿: LeahChapman | 2012年6月 2日 (土) 17時19分

When you're in a not good position and have no cash to get out from that, you would need to take the mortgage loans. Because that will aid you emphatically. I get college loan every year and feel good because of that.

投稿: Floyd20JEANNETTE | 2012年6月 2日 (土) 17時16分

なつかしい!私これ持ってました。
親に悪いことすると「ぺぺぺらんが来て宇宙に連れて行かれる」
と脅されていたのもいい思い出です・・・

投稿: たろ | 2008年1月 9日 (水) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/8931547

この記事へのトラックバック一覧です: うちゅうせん ぺぺぺぺらん。:

« そろそろ。 | トップページ | まじゅう。 »