« まめ。 | トップページ | すぱい。 »

2007年4月 9日 (月)

びくうえいよう。

内科看護婦さんの論文研究の為、明日鼻腔栄養に挑戦します。
鼻腔栄養とは、食事が経口摂取困難な方等に対して、直接鼻から管を通し、胃に栄養を注入する事です。一応麻酔成分は管に塗るようですが、なんせ鼻→ノド→食道→胃と管が通る訳ですから、嘔吐反射出まくりです。鼻等に傷が付き出血の恐れもあります。非常に怖いです。
しかし、患者さんにしたら食事がとれない以上何らかの別の方法で栄養摂取しなくてはならない訳で、他に中心静脈栄養(点滴で栄養)や、胃瘻(いろう/腹部に穴をあけて胃に直接注入)、腸瘻(ちょうろう/基本は胃瘻同様。腸に栄養)等がありますが鼻腔栄養を行うことが多いため、体を張って患者体験です。

実際、処置している看護婦さんにも経験のない人が多いしね。貴重な体験です。明日、余裕があれば実況します。たぶんないけど。。。

追記:看護婦さんと話してビックリ。看護学校には胃瘻の経験は無くとも、床上排泄実習(ベッド上で尿を排泄、友人同士でその後の介助を行う)とか、場所によっては陰洗(陰部洗浄/名のごとく陰部をお互いに洗う)があるらしいですね。模型使うのかと思ってたら実際に友達同士とかもあるらしい。。。

|

« まめ。 | トップページ | すぱい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/6030314

この記事へのトラックバック一覧です: びくうえいよう。:

« まめ。 | トップページ | すぱい。 »