« とうせん。 | トップページ | えんちょうした。。。 »

2007年4月26日 (木)

うらべにっき。

朝日新聞から昭和天皇の侍従、卜部亮吾氏の日記が公表された。
性質としては以前日本経済新聞で掲載された富田メモに良く似ている。側近が天皇陛下の私的な言葉を記した日記を公表するというもの。
私的な言葉を公表する下衆さ加減はとみだめも を読んでもらいたいです。最低最悪の蛮行だと思います。
そして日記を卜部氏がご存命の時より預かりながら、このタイミングまで温存していた朝日新聞は、何故このタイミングで公表するんでしょうかね?

内容を読む限り、『 昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に不快感を吐露したとみられる富田朝彦宮内庁長官(当時)のメモも同じ日付。天皇は富田長官と前後して卜部侍従にも戦 犯合祀問題を語っていたことになる。そして、卜部侍従は亡くなる直前、「靖国神社の御参拝をお取りやめになった経緯 直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さ ず」(01年7月31日)と記している。』という一文が一番言いたい事らしい。僕にはそう感じる。

要は『天皇陛下がA級戦犯合祀を不快に思ってるから首相はいくなよ』と。そういいたいんでしょう。

安倍首相にはぜひ8月15日に、もしくは秋の例大祭に参拝してほしい。日本は天皇主権国家ではないので、この言葉に従う必要はない。
過去の英霊を讃える為にも、ぜひ期待している。

最後に朝日新聞の記事はこちらです。
逝く昭和と天皇、克明に 卜部侍従32年間の日記刊行へ


|

« とうせん。 | トップページ | えんちょうした。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/6221986

この記事へのトラックバック一覧です: うらべにっき。:

« とうせん。 | トップページ | えんちょうした。。。 »