« そふぁー。 | トップページ | にいたかやまのぼれ。 »

2006年12月 8日 (金)

はぁぁですぅぅぅ。。。

『聖闘士星矢 冥王神話』本日発売だったので早速買ってきました。内容としては過去の作品の200年以上前という設定。数百年に一度繰り返し行われてきたアテナとハーデスの戦いを描いたもの。冥王神話での後(200年以上後)の聖戦が星矢とか一輝が戦った聖戦となります。なんか、言葉にするとややこしなぁ。。。
だから、アテナ等の神々や特殊な状態で生き延びた聖闘士である牡羊座のシオン、天秤座の童虎以外はほぼ全て前作と登場人物は異なります。

わかりにくいので今回のを冥王神話、以前からある星矢が出るやつをオリジナルって今回は表記しますね。

今回の冥王神話ですが、やたらオリジナルの作品のキャラと雰囲気がかぶっているのが気になる。。。例えば天馬星座(ペガサス)の聖闘士は、オリジナルの星矢が日本出身の孤児という設定、冥王神話ではテンマ、日本人のハーフで孤児。どちらも孤児院時代からの知り合いがアテナとして覚醒します。
他にも黄金聖闘士、まだ天秤座と牡羊座しか名前が出ていませんが、その他の聖闘士もオリジナルと似た顔ばかり。。。牡牛座は眉毛が繋がりロンゲのマッチョ、山羊座と蟹座は黒髪を逆立てており、魚座は女と間違わんばかりの美形、乙女座は相変わらす目を閉じている。。。
一応自己紹介が無いので、聖衣で星座を判断しました。『神話の時代より語り継がれている』から、ここは変化があってはいけないはずだし。。。
ただ、車田先生が指示を出したのか、今回絵を描いている手代木先生が描いたのかはわからないけど、あまりにオリジナルと同じ顔なのが興ざめ。キャラも同じなのかな?なんか同人誌でも読んでるような錯覚に陥りそう。。。
ストーリーでの挽回を希望です。

しかし、来年はゲームが発売されたり、胸像シリーズが発売されたりと聖闘士星矢は盛り上がりそうな兆しかなぁ?
Photo_10

|

« そふぁー。 | トップページ | にいたかやまのぼれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/4473429

この記事へのトラックバック一覧です: はぁぁですぅぅぅ。。。:

« そふぁー。 | トップページ | にいたかやまのぼれ。 »