« はぁぁですぅぅぅ。。。 | トップページ | なごやどーむ。 »

2006年12月 8日 (金)

にいたかやまのぼれ。

ニイタカヤマノボレ1208。この命令とともに、日本はアメリカとの戦争の道を開きました。12月8日、日本はアメリカの真珠湾を攻撃しました。
当時は列強が世界(特にアジア)に覇権を求めていた時代です。既にアメリカ大陸やアフリカ大陸は列強の餌食となり、南アジアも既に列強の侵略をうけていました。
そして支那ですら欧州の列強には太刀打ちできない現実があります。
ペリーの来航以来、日本に与えられた道は軍事強化し列強の一員となるか、植民地として搾取されるかの2択でした。
国の誇りを賭けて、富国強兵を果たした日本は日清、日露戦争を経て欧米も一目置かざるを得ない列強となりました。その結果が、ABCD包囲網や3国干渉と言った日本封じ、日本潰しなんですが。。。

アメリカとの戦争に勝機が無い事は、多くの政治家が気づいていました。しかし、戦わねばならなかったのです。でなければ永遠と搾取される植民地になるしかないのですから。せめて一矢報いる、と言った感じでしょう。当時の判断は正しかったと僕は確信しています。

結果は日本はアメリカに負けました。軍事同盟を組んでいた火事場泥棒のロシアやら、まして日本に併合され、内地であった朝鮮には負けていませんが。。。しかし、悪夢のような弱肉強食の植民地時代も終わったんです。時代の流れが変わったんです。

日本が新しい時代を作るきっかけとなった日、世界の流れが変わるきっかけとなった日。先の大戦で無くなられた全ての英霊に哀悼と感謝の気持ちを捧げます。

|

« はぁぁですぅぅぅ。。。 | トップページ | なごやどーむ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/4473666

この記事へのトラックバック一覧です: にいたかやまのぼれ。:

« はぁぁですぅぅぅ。。。 | トップページ | なごやどーむ。 »