« にじかい、そうかつ。 | トップページ | あめりかのしゅう。 »

2006年11月 5日 (日)

ふせいん。

シーア派住民を大量虐殺したという罪で、元イラク大統領、サダム・フセイン氏に死刑判決が下りましたね。
今回の一連の死刑までの流れ、どうしても極東軍事裁判(東京裁判)とかぶるんですよね。。。戦勝国が敗戦国の政治指導者を報復もかねて裁く。勝てば官軍って言葉もあるけど、勝者の側にしか正義が無い。。。そんな気がしてなりません。
今回の裁判は最初から死刑ありきに見えます。体裁としてイラクの法廷としてますが、本当にきちんと法に支配された場かどうかはいささか疑問です。

僕は別に大量虐殺を肯定するつもりはありません。もし、国際法・国内法に適合しており、更に戦時である事までひっくるめた上で行われた裁判であるなら納得もいきますが。。。もしそうなら戦勝国もまた裁かれるべきですしね。

今回はイラクの法廷ってことになってるし、イラク国民による自浄努力になってるのかな?建前は。

なんか、昔から変わってないね。。。

|

« にじかい、そうかつ。 | トップページ | あめりかのしゅう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/4078995

この記事へのトラックバック一覧です: ふせいん。:

« にじかい、そうかつ。 | トップページ | あめりかのしゅう。 »