« てんごく。 | トップページ | うくらいな。 »

2006年10月27日 (金)

けんたっきー。

米国ワシントンで26日、動物愛護団体がケンタッキーフライドチキン(KFC)に対して、抗議活動をしたらしいですね。なんでも、店の前でカーネルおじさんの人形を焼いたとか。
主張としては、『KFCは鶏を残酷にあつかっている』だそうデス。

確かに、殺した後に毛を毟り、皮を剥ぎ、体中をバラバラにした後、煮えたぎった油で揚げる。こう表現すれば残酷以外の何者でもありません。
殺生なのでいけない事なのかもしれません。

でも、KFCだけが叩かれるのはどうでしょう?そもそも殺生をしなくては人は生きていけません。食を勝ち取る事は生を勝ち取る事なので、自然界では弱肉強食が基本。残飯問題とかでならともかく、殺す事そのものに抗議は偽善じみてて受け入れられませんよ。

動物愛護団体は、全てじゃないですが、行き過ぎた行動を取る物が少なくありません。グリーンピースなんかも捕鯨禁止を訴えて日本に抗議しますが、所詮全部偽善でしか無く、もしくは何らかの政治的圧力を感じる物もあります。

なんか、家来に殺生させてその肉を食っておきながら、自らは殺生をしてないっていいきる昔の貴族のよう。。。みっともない。

あーでも、僕は殺生を奨励なんてしませんよ。生きる上での必要最低限だけしかたなくするのは許される思うし。

|

« てんごく。 | トップページ | うくらいな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/3976448

この記事へのトラックバック一覧です: けんたっきー。:

« てんごく。 | トップページ | うくらいな。 »