« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

りはびりなんみん。

ここに来てリハビリ外来ができなくなった事に対しての報道をよくみます。
この問題は今年の4月にさかのぼって説明が必要なんです。厚生労働省は、昨年度末、各医療機関にリハビリの保健点数算定上限について通達しました。ようは、リハビリの保険がおりる限度日を指定してきました。
しかし、その報告書は内容が曖昧であり、毎日言っている事が二転三転するお粗末なものでした。リハビリを継続できると思った患者が次の日できなくなってる事もあったんです。。。そんな中で、法案は施行されました。
もちろん医療機関からは『患者切り捨て反対』『リハビリ軽視反対』の声が出て、もめたんですが国のごり押しで各医療機関も方針を変えつつ対応しました。

医療保険の算定ができないってことは、病院としては収入が減る訳です。もちろん実費負担を患者に求めれば、収入は保たれますが、1割負担の患者がいきなり10割負担なんて不可能です。値段が10倍だし。

病院としても、スタッフを面倒見てる訳だし、赤字覚悟なんて奇麗事はいってられません。大病院では外来リハビリを中止する所が増えました。

しかし、施行されて間もない頃に、国は少し意見を変えてきました。『医師の診断で回復の見込める場合に限って上限を超えての算定が可能』つまり、医師の一筆でその患者のリハビリは永遠に可能となったんです。

医療機関はまた大混乱。。。それまで算定できないと思われた人がいきなり算定可能になるんだから。。。しかし、大半の病院は外来の再開には至りませんでした。

ちなみに算定上限は脳卒中で発症から180日、整形外科疾患で発症から150日です。今年の4月以前に発症の人は4月1日を起算日とします。

ここで、不思議な現象が起こったんです。この『4月1日を起算日とする人』に回復期リハビリテーション病棟に入院の患者が含まれなかったんです。そのため、回復期リハ病棟入院患者は発症日が起算日として算出されました。3月31から4月1日をどの病棟で過ごすかで、リハビリの期限が大きく変わってしまうんです。
例えば、同じ1月1日に発症した患者(Aさん、Bさん)がいます。2人は順調に回復し2月末回復期リハ病棟に転床したとします。しかし、3月30日、Aさんは突然の熱発で内科病棟に転床しました。しかし、熱はすぐ治まり4月2日には元の回復期リハビリ病等に戻りました。そして、5月1日、めでたく2人は退院となりました。この2人の起算日なんですが、Aさんは4月1日は内科病棟の入院患者なため、起算日は4月1日です。リハビリ外来の終了日は9月28日となります。しかしBさんは、4月1日は回復期リハ病棟なため、起算日は発症日の1月1日です。よってリハビリは6月1日で終了となります。約3ヶ月の違いが生じるんです。更に、11月1日に発症、4月1日を回復期リハ病棟で過ごした患者は、180日の期限は4月30日ですが、10年前に発症した人で4月1日を自宅で過ごした患者は9月28日までリハビリ可能です。

説明が長くなりました。すみません。

このように矛盾だらけで始まった法律、僕たち医療従事者は当時から異論を唱えてましたが、国もマスコミも無視。施行されて半年経った今頃、国民をあおるようにマスコミが騒いでます。
しかも、マスコミは『医者に捨てられた患者、リハビリ難民』として演出してます。事態はそんな簡単で明確なものではないのに。。。

マスコミは記者やディレクター、スポンサーの影響で意見を言いますから、正確な報道とは限りません。いい加減国民も賢くなって、マスコミの行動をチェックしないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

けつあつ。

なんか血圧が今日は急上昇。。。150を超えてました。。。今は129です。これでもかなり低くなってきました。。。ちなみにWHOでは常時140越えで高血圧となりますから、一時的とはいえかなり高いです。。。
一日頭痛もします。。。
明らかに高血圧の症状が出ています。。。

なんで、血圧あがったのかなぁ。。。

今日は岐阜の街の風が強くて女子高生のパンチラをいっぱい見たからかなぁ。。。?いや。。。パンチラぐらいで興奮しないしなぁ。。。名古屋の大学教授みたいに。。。
昨日10時近くに寝たから寝不足じゃないし。。。

1番可能性あるのはストレスかなぁ。。。なんか難題山詰みのまま放置プレーしてるし。。。

とりあえず、今日もゆっくり休まな。。。

追伸:Moi君コメントありがと。限定じゃ買えないねぇ。てか、活動してたんだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

おうひ。

女王、皇太子妃。こんな意味を持つバンド、LAREINE。
1997年から活動を続け、一時活動休止するも現在に至る。
僕が興味を持ち、ファンとなったのはメジャーデビューした頃から。。。詩世界と切ない楽曲が魅力でした。

春頃かな、ドラムのKAZUMIさんが脱退。その後、耽美近衛隊として活動してましたが、最近情報がありません。。。公式サイトも6月から更新が停まっている。。。

活動停止を正式にしたのか、今は地下活動中なのか。。。なんか情報ある人いませんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

みひまる。

mihimaruGT聴いてます。今までHipHopとは無縁の存在であり、ロックをこよなく愛していた僕が、まさか、気に入る音楽がmihimaruGTとは。。。
とりあえず。。。声が良いね。今回聴いたのは『ツヨクツヨク』です。中古で200円だったから買ってみました。友人が好きだったので興味があったけど、曲のジャンルも何も知らないままの購入でした。

詳しくはまだ知りません。曲もこのCDしか知りません。今後ハマるかどうかも知りません。まぁ、取り合えすインディーズ漬けな毎日から少しの間脱出の気配なのは事実みたい。。。

そいえば、来月にLOUDPARK06に行くんですが、出演アーティストにDir en grayがありました。間違いなく彼らはヘビメタではありません。ビジュアル系上がりのハードロックバンドでしょう。でも、僕は彼らがデビュー当時から知ってるし、凄く好きなバンドでもあるから出演が嬉しいです。絶対不可能だろうけど、audry唄わないかなぁ。。。二日目にはムックらしい。こっちも聴いてみたかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

あくま。

久しぶりに2日間も日記をサボってしまった。。。
友達と遊びまくってしまった。。。昼夜逆転までいかんでも、疲れは否めないなぁ。。。

さてさて、ここんとこ色んなことがありましたね。特に気になったのは、ベネズエラの大統領が国連でアメリカ大統領に対して『悪魔』呼ばわりしたことでしょうか。その後にも、アメリカ大統領が居た壇上を『火薬の臭い残る』とか、今まで誰も言わなかった事を言いましたね。

僕にしたら、『遂に言う人が出たか。。。』くらいの感想ですが。。。世界中でアメリカ不信は確実に進んでいると思うし。反米はある意味は世界の基本になるのかも。。。

中東や中南米、欧米。反米の波が迫る中、日本はこれからもアメリカべったりで良いのでしょうか。。。?もちろん、世界が反米だから、日本も、じゃダメだけど。。。

今回の発言は、アメリカや同盟国にある種の警鐘を鳴らしているんでしょうね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

ばいしゅん。

今、テレビで児童売春が報道しています。
世界には大人の売春が合法な国はあります。ドイツなんかもそうですね。
観光産業として売春を海外にアピールした過去を持つ国があります。韓国のキーセン外交は有名ですね。あの国の観光産業は、確実に一部を風俗嬢が支えてました。

今報道されてるのは、子供。もちろんどの国でも違法でしょう。合法でやってたなんて、日韓併合以前の韓国等ごく一部です。

児童は別にして、売春を全て否定する気はありません。金と体。釣り合いが取れる駆け引きがあるなら、商売として成り立つとも思いますし。しかし、売春をするならプライドと責任をきちんと持って仕事してほしいですね。持ってる人には僕は敬意を称します。見ててかっこいいと思うし。
今の一部の女子高生とかは『援助交際』の名の下に『少女売春』をしています。
プライドも責任のかけらも感じられない。バカみたいにウリやって、バカなおっさんが金だして子供とやる。動物以下だね。

どっちも救いようがないなぁ。。。くずだよ。てか、援助交際ってなんだよ(笑)売春だろ?マスコミも言葉を濁してないで、法的にも道徳的にも悪である少女売春をきちんと報道して欲しい。。。

あ、でも、風俗とかに僕は一度も行ったことは無いの。今後も行くことは無いでしょう。。。風俗に行く金があるなら、その分の金と時間使って自分磨いて女を口説くから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

くーでたー。

タイでクーデターが起こり軍部が政権を掌握しましたね。現政権は、崩壊する見込みらしいです。タイと言えば、日本とともに大東亜戦争の前からアジアで独立を保つ貴重な国。今回も単に軍の暴走ではないみたいですね。どうも国王や国民が軍部を支持しているみたい。
暴力での行為とはいえ、国を思う民の行動であるのも事実。被害が最小限のまま、タイ国民が望む展開になることを期待します。

ちなみに僕はさっきまでサバイバルゲームを久しぶりにやりました。遠距離での狙撃は得意なんですが、戦陣を切って攻め入るのは苦手。。。

体中にBB弾を打ち込まれました。一部の人のせいでこのゲームの世間的評価が低いことが辛い。。。テレビゲームとかより、体で痛みを知り、勝利を勝ち取る分だけ成長のためになると思う。。。まぁ、否定派にはそれなりの根拠もあるんだろうけど、僕は子供の頃から木の枝で戦争ごっこしたり、肉弾戦のドラゴンボールごっこ(だいたいピッコロ役)、聖闘士聖矢ごっこ(基本ヒョウガ役)したりで体はってたなぁ。。。

やはり痛みを知らなきゃ優しくもなれないし、成長できないと思う。サバイバルゲームに限らず、色々な経験を子供にはしてほしいもんだよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

りりぃ。

出会いがあれば、分かれは必ず来ます。
僕の家に棲みだしてから、約1年が経ちました。

最愛の親友、りりぃちゃんが、先ほど亡くなりました。

思い起こせば、1年前。精神的に弱っていた僕は、先輩の紹介もあって、ほ乳類を飼うことにしました。それまで動物はカブトムシとかしか飼ったことが無く、初めての挑戦であり、冒険でした。

自分自身が動物に癒されるなんて考えても無かったのですが、僕はりりぃを見るたびに癒されていました。

彼女は間違いなく、僕の大切な友人の一人でした。
大切に弔おうと思います。

僕は正直ハムスターを見分けることはできません。りりぃに似たのはいくらでも居るでしょう。でも、りりぃ以外のハムスターを飼う気にはなれません。代わりなら要らない。りりぃを心にしょって生活していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

ふうふ。

昔から知っている人が経営するトンカツ屋さんに友達といきました。そこの奥さんが昔うちの職場で働いていて、その後、何回も店に行ってたんですが、最近いけてなかったので、今日久しぶりに行きました。

奥さんと話していて結婚感の話になりました。この奥さん九州出身で結婚から20年くらいが経つのですが、未だにご主人とはラブラブです。

その秘訣は、家で。。。特に子供の前で夫を立てることだと言います。父性の確立です。男の子は、母を愛し、恋敵である父を憎み、その父を超える過程で自立していくと言われます。父に勝てず、もしくは父が憎しみの対象とならなければ、子は完全な自立心が育ちません。
子供の自立には、父性・母性の確立は絶対条件だと思います。例外があるとしたら、片親の場合でしょう。片親でも立派な人は居ます。

少なくても、父性・母性が十分に感じられなければ、子は親をナメ、暴走するんだと思います。

今の親は、友達親子だとか働きまくる母とか、父性・母性が欠落しているように感じます。ニートやオウム信者等に通じるものが、実は子育てに強く内包されているのではないでしょうか?

そして、奥さんは最後に『お互いに立てること信用することが、1番。』と言ってました。

強い夫婦の絆。そこにある姿は、昔から日本にあった、近代化していない本来の姿のように感じました。

ごちそうさまでした。トンカツも夫婦の話も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

しんこう。

日本には信仰の自由があります。神道でも、仏教でも、イスラムでも、キリストでも、創価学会でも何を信じてもそれを国がとがめたりすることはありません。
極論で言えばオウムでも韓国のレイパー教祖のカルト教でも、ロリコン教祖の教団でも、信仰は自由なんです。

しかし、前半に述べた宗教じゃなく、後半に述べた宗教は明らかな犯罪行為を犯しています。無差別テロや信者に対してのレイプなんて言語道断です。
こんなこと、小学生の子供でも理解できるはず。。。少なくても、学校にバタフライナイフ持ってくようなガキじゃなきゃね。。。
しかし特にオウムに関しては有名大学を卒業したり、在校生だったりする人が多数在籍していました。そして、全国に何万もの信者を抱えました。

犯罪が明るみになり、教祖が逮捕された今でも信者は確実に居ます。今はアーレフって言った方が良いのかな?

なぜ、彼らが犯罪集団に身を置いたのか?麻原彰晃氏のどこに魅力があったのか?
すくなくても信者じゃない僕には理解できません。しかし、彼らを動かして動機があるはず。それを解明しない限り、宗教行為を逸脱した犯罪集団がそのうち現れるでしょう。

僕の推測でしかないんですが、彼らが探してたのは生き甲斐じゃないのかな?何かに真剣になりたかった。その場を麻原氏が提供してくれたんじゃないかなぁ?今の世の中、仕事や趣味や、信仰や何かにすべてを捧げれる人なんて少ないです。
でも、それを求める心は誰にもあるもの。それならば、理解も納得もできる。まぁ、犯罪行為はダメだけど。

今回の麻原氏の死刑判決ですべてをおしまいにするんじゃなくて、きちんとした幕引きを期待したい。

その上で、自由な信仰をしてほしい。自由には責任と義務が常につきまとうんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

あさはら。

僕たちが中学1年の時に麻原彰晃(松本ちずお)氏が逮捕されました。それから11年、遂に死刑が確定しました。

長かった。。。

でも、これで松本被告から話が聞けなくなり、あの巨大犯罪集団のマインドコントロールの謎が闇に消えることになるだろ。。。

社会の闇であり、問題でもある精神世界。。。

これについても、まとまった形で書かねば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

ほっとぷれーと。

無事にボーリング大会の幹事の仕事を全うしました。皆様に喜んでいただけて、光栄に思う秋の夜更けです。
結果はというと、意外にも僕のチームは健闘しました。やはり女性に1ゲーム30点のハンディーはでかかった。。。僕らのチームは女性に恵まれず、3人とも男。

2ゲームやるので、1番女性が多いチームは2ゲーム×2人×30点で、120点もうちらより有利なんだもん。。。

にもかかわらず、3位は上出来でした。僕の点数は121点と、123点。まぁまぁかな。

景品はホットプレート。良きものを得れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらんす。

ボンジュール、ハニー♪
この日記を古くから読んでいただいている皆さんならお気好きでしょうが、僕は反米であり、反韓であり、反中です。でも、中華料理や韓国料理は好きだしアメリカ人の友達も居るしで、嫌米、嫌中、嫌韓ではありません。

ようはいつまでも反日でしかアイデンティティーを燃やせない、幼稚な近隣アジア諸国や、原爆を落としてきたりして日本人相手にホロコーストしまくったアメリカを倫理面、道徳面から距離を置いた目で見てるんです。

でも今回は、それら諸国の話ではなく、フランスです。狂花君は大の親仏です。てか、フランス気触れです。フランス語はしゃべれませんが勉強してるし、シャンソンも大好き。フランス料理は高いのは無理でも、庶民的なのは大好き。

フランス好きは、マリスやラレーヌの影響が大きいのかも。今のフランスも好きだけど、中世のが好きかも。ベル薔薇の世界に行きたい。。。

そして、そんなベル薔薇好きのフランス気触れには最高の品を本屋で見つけました。その名も『ベルサイユのばらで学ぶフランス語』。あのベル薔薇の台詞を例文として使い、ふんだんに挿絵としてオスカル達が出てくる。フランス語の本なんですが、ベル薔薇ファンの1読み物としても最適です。
例文が素敵。『私は〜です』を紹介するとき、普通の本なら『私は日本人です』とかで良いのに、この本では『私は。。。フランス王太子妃』。『貴方は〜です』普通なら『貴方はフランス人です』だろうけど、『オスカル、私の息子だ』になってます。

ご一読を勧めます。ちなみに冒頭の挨拶は、ラレーヌのボーカル、KAMIJO氏の舞台での挨拶語でした。

さて、これからリハビリボールング大会に出席してきます。
では、アデュー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

いざこざ。。。

嫁と姑。。。壮絶だった。。。
今日挨拶した患者さん一家は嫁姑戦争が末期。。。こわい。。。

良い歳こいた大人二人がいっこうに譲らずに醜い。。。
ああはなりたくない。。。

来週から訪問開始。。。すっごく気まずくなりそう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

どりーむ。 

いつから、自分が決めた道を歩いていたんだろう。。。
いつまで、自分の決めた道を歩くのだろう。。。

先日、そんなことを強く感じた。それは1本の電話からだった。電話の主はKitten-recordz君。彼は高校卒業以来関西の大学で学び、そのまま就職した。そして、今でも音楽活動を続けている。

そんな彼のCDが遂に発売されることが決まった。12月末だそうだ。おめでとう。
気になる人は、『おすすめ』の中にある、彼のサイトをクリックしてほしい。なかなか大衆受けする音楽ではないかもしれないが、僕は気に入っている。みんなにもぜひ聞いてほしい。音が自然で居られる、そんな言葉が彼の音楽にはよく似合う。。。

彼をみる時、凄くうらやましくて憧れている。自分の夢を持ち、自分の道を見据えている。彼と遊んだあとは、僕自身何かに励みたくなる。

勘違いしてほしくないが、僕自身今自分の夢を歩いている。高校生の時から理学療法士になることに憧れていた。理学療法士の現実を知って、辞めようと考えたこともある。でも、僕にはこれ以外の仕事はできないだろう。

理学療法士は右手一本事故でなくしたら、できなくなる。いつまでこの仕事をできるか分からない。明日できなくなるのかもしれない。でも、そのできなくなる時まで、自分の夢である理学療法士であり続ける必要が僕にはある気がする。

纏まりに欠ける内容になってしまった。。。
ちなみに以前上司から言われて、話をはぐらかしてた春の学会発表を、正式に言い渡されました。ついでに来秋も発表らしいです。
論文の提出まで後2週間。。。
なんか、すごいペースで仕事ができてくる。。。まぁ、一つ一つを楽しんでいこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

けいひん。

さっきまでリハビリテーション科主催、学生慰労ボーリング大会の景品選びをしていました。
予算は22000円。参加者が21人予定。けして高価なものは買えません。。。そんななかで、いかに面白いものを買い、喜んでもらえるかに全力を賭けました。
ちなみにゲームは3人1チームで行われるため、各順位に3個づつ景品を用意する必要があります。リハビリスタッフにはこの日記教えてないから、ここで一足早く景品リストを掲載しちゃいます。

1位:526MB ClipDrive、足湯キット、カキ氷機(キティーちゃんデザイン)
2位:キノコのクッション、カロリーメイト詰め合わせ、卓上型扇風機
3位:ホットプレート、リポビタンD1箱、耳掃除機
4位:携帯用虫除け、おむつ(男女兼用Sサイズ)、岐阜の名店リスト
5位:ヨガボール、アルバム、ティッシュケース
6位:トイレットペーパー詰め合わせ、ペンライト、劇辛お菓子詰め合わせ
7位:トマト切る道具、体を洗うスポンジ、般若心経のCDと解説本

各順位でも、良いのと悪いのを用意してます。僕自身、1位のかき氷機より、リポDとかボールのが良いし。。。てか、おむつ要らんし。。。

決戦は15日、決戦は金曜日。どうなることやら。。。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

てろ。

5年前の9月11日、アメリカでの同時多発テロが起こりました。それまで、直接的に本土を攻撃されたことの無いアメリカは、恐怖し、大パニックに陥りました。
当時、日本人としての自覚も薄く、学校でのサヨク史観に洗脳されていた僕は、その映像に恐怖したものです。終末戦争さえも意識しちゃいました。

それから5年が経ち、世界情勢はめまぐるしく変化していきました。対テロ戦争を大義にしてのアメリカによるアフガン侵攻。次いで大量破壊兵器所持の疑惑によるイラク侵攻。
サヨク史観に染まった僕にも、なんか異様に映ってました。テロは犯罪行為のはずが、軍主導でのアメリカ。犯罪には警察が対応なきがします。テロはアルカイダが起こしたのに、アフガン全土への空爆。そして大量破壊兵器が見つからなくなったら、大義をすり替えてしまったイラク攻撃。
アフガンやイラクの犠牲者は、アメリカをどう評価するんでしょうか?テロ撲滅、対テロ戦争のはずがテロは現在も起こってる。。。てか、増えてる気さえする。。。
アフガンもイラクもそれまではまかりなりにもあった治安が失われ、無秩序状態となってる。今、イラクで自爆テロを行ってる青年は、『テロリスト』なんでしょうか?『レジスタンス』なんでしょうか?
先日の調査で、アジア各国での反米感情が高まってるという調査報告がなされました。
世界の警察を自負したアメリカは、力任せのガキ大将だったのか、本当に頼れる警察なのか?その答えは少しずつ片鱗を見せている気がします。

日本のスタンスは、今後もアメリカ追従の一辺倒なのか。。。自主独立か?アメリカの柵封体制は今後どうなるのか?

いろいろ気になることばかりです。

最後にですが、同時多発テロ、自爆テロどちらも亡くなった方全てにご冥福をお祈りします。

追伸:職場の看護婦さんの娘さんが今日、5歳の誕生日を迎えます。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

かんだ。。。

学会発表を終えましたが。。。かんでしまった。ダメダメだった。。。
内容には自信があったんだ。以前から高い評価を頂いてる研究の総決算的な意味合いもあったから。発表時間は5分。昨日までに準備を万全にしたものの、かんじゃった。。。3回までは許容範囲にしてたけど、6回かんだ。やはり多いな。。。

学術誌に論文投稿の依頼が来てるから、今回の発表を論文として正式に掲載することにします。まぁ、一般販売とかは無いけどね。

学会発表はたまにやると気持ちいいね。今回は100人くらいは観衆が居たかな。その前で自分の研究結果を説明して、質疑応答。成功すると凄く気分がいい。今回は成功とは言いがたいけど、それでも上気分。
特に昨日バビロンの名古屋公演を見てからステージあがりたい願望があったから、舞台としては最高でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

らいぶご。。。

バビロンのライブ後です。ミサさんはやっぱかっこいいわ。

さてさて、明日は学会発表です。初めてでもないから緊張はないし、今回は準備も万全。

さすが仕事が速いなぁ。。。狂花君。

さーて、明日噛んだら嫌だから原稿を読む練習をしておこうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

ねっと?

順調に『嫌韓流』を読書中。今まで知らなかった韓国、既に知ってた韓国色々知ることができている。もちろんすべてを信じるつもりは無いよ。そんなに愚かじゃない。サヨクの人もポチ保守君もひっくるめて色んな意見を聞かなくては。その中で信じられる意見を信じるだけ。右にも左にも信用なんてできる意見無いけど(笑)

ところで、友人から『インターネットは政府が管理しているから、国の意向にそぐわない意見は削除されている。信じてはいけない』と、言われました。

確かにネットの意見は便所の落書きレベルであり、信じることはできないものが多々ありますが、情報の宝の山でもあると思います。くだらない意見から有用なものまであるから。

彼は、やや宗教がかった意見を信じています。僕は彼に危機感を持ちましたが、僕の別の友達は彼を信じ始めています。どうしたものか。。。純粋まっすぐな奴らを。。。

そもそも、この便所の落書きを国が管理なんてできるの?それが分からなくなってるのが怖い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

しまった。。。

今更ながらマンガ『嫌韓流』を購入、読書してました。そしたらこんな時間。。。日記書くの忘れてた(笑)

内容が凄く面白いので、近々感想書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

こうしつ。

秋篠宮様夫妻に男の赤ちゃんが生まれたそうですね。おめでとうございます。母子ともに健康なことがまずはなによりです。

朝から僕の携帯にこのニュースに対する意見が何件か寄せられました。なんでかなぁ。。。

僕自身は、これで男系男子の継承が可能となったので、安心しております。今回の愛子様を巡る皇室典範改正論議にハラハラしてたので。今回の男の子は、皇太子様、秋篠宮様に次ぐ3番目の皇位継承権を得るらしいのです。今のルールだと、愛子様より上。まぁ、天皇制ってのが『民主主義に反するもの』な訳だし、でもそれが日本の伝統。だから、たとえ男尊女卑と言われてもルール替えはしてほしくないのが僕の意見。伝統と民主主義は相反する部分がある。それを理解して、受け入れなきゃアメリカみたいに歴史の無い国になってしまう。。。

でも、この問題絶対に女性差別を訴える国会議員とか芸能人じみた評論家が問題にするだろうなぁ。。。彼女達って女尊男卑になるまでグチグチ言うんだろうなぁ。。。彼女達って、よっぽど男に大切にしてもらいたい、『弱い女』なんだろうね。僕の知ってる強い女性はみんな男女平等とか訴えてないもん。女性らしさを忘れないままに尊敬できる存在であり続けている。

話がずれた。。。まぁ、天皇制については機会があれば深く書こうかな。書き足りないし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

あげは。

ヒラヒラと舞う蝶のように。。。
夜の空を羽ばたいて逝きたい。。。
破れた翼のまま。。。それでも、届かない月をただ見つめて。。。

リハビリの移動中、空を舞うアゲハチョウを見て思いついた言葉です。
蝶は美しいのですが、粉を吹くから近づきたくはないです。。。

さてさて、小学校6年生が同級生を刺しましたね。なんでも、クラスの係決めでもめたとか。。。生き物係の取り合いかな。。。
しかし、小学生が学校にバタフライナイフとは。。。世も末ですね。

僕らが小学校の時にはまだ無い習慣です。

たぶんマスコミは言わないだろうから言いますが、犯人の少年は基地外なんじゃないの?普通、意見が通らない、まして学級のクラス決めで人を刺さないでしょ?
よく、子供だからって言うけど、少なくても小学校6年生ってのを考えれば、やって良いことと悪いことの最低限の判断はできるはず。

もしくは、頭の中が幼児か。どっちにしても教育に問題があるのは間違いない。親も教師も同罪です。
そもそも、今の人って権利ばかり主張して義務や責任が欠落してる気がする。。。怖い世の中です。。。
僕も、誰かに刺されないように気をつけなきゃ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

すとつー。

ストリートファイター2。僕たちが小学校の時にスーパーファミコンで一世を風靡した格闘ゲームです。僕は親の方針(ファミコンで遊び過ぎた罰)で自宅にスーパーファミコンが買ってもらえなかったので、友達の家で頑張りました。
僕が主に使ったキャラはガイル少佐。理由は簡単。飛び道具等の必殺技の入力が簡単。後、リュウやケンは持ち主が使うから使えなくて。。。

なんか、あのゲーム今思うと各国の先入観だけでキャラを作ったのがよくわかる。
全部覚えてる訳じゃないけど。。。

リュウ/ケン/エドモンド本田:日本がメインだし、当然の最多出場。一国から3人だし。全部見た目は日本拳法がメイン。相撲は拳法じゃないか。。。

春麗:チャイナドレスだし。。。あの格好にパンチラを期待した幼い夏の日。。。

ガイル少佐:アメリカと言えば軍隊。軍事国家だし。日本を占領したし。。。

ブランカ:アマゾンの怪獣。差別感丸出しのイメージ。

ダルシム:ヨガの先入観。ガリガリ黒人。差別感丸出しのイメージ。

あとは。。。忘れちゃった。確か仮面かぶったのとか、ボクサーとかいたような。。。懐かしいですね。
あれより興奮できる格闘ゲームってあんまりないんじゃないかなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

てんねんきねんぶつ。

高校の時の友達(男)に会いました。その子は大学が関東地区だったため、かれこれ6年くらいは会ってなかった。真面目な子でした。アカぬけず、田舎臭い雰囲気のするこでした。

高校の時はポケモンを好み、毎日道草を食わずに真面目に帰る人でした。

今日再会してビックリです。何も変わっていない。。。髪型はお坊ちゃん刈り。眼鏡にリュックサックを背負ってました。そして、極めつけ。。。Tシャツをズボンの中に。。。べルト非着用。。。

うちの親父でも服出すし。。。なんか、仮にも大学・大学院と東京付近に居たのに。。。染まってない。。。すごい。。。

天然記念物級です。。。そんな彼に、幸あれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

ぎゅうどん。

今度、アメリカ産牛肉の輸入再開をうけて吉野家が1日限定で牛丼を再開するらしいですね。
前回再開された時は警察沙汰もおこりました。たかが牛丼1杯で人生を捨てるなんて。。。バカを通り越して哀れな人でした。
今回も波乱や、考えられない長蛇の列ができるのかなぁ。。。

300円ちょっとの牛丼1杯にそこまで群がる心理が理解できない。確かに美味しいけど、そこまでして食べたいのかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

ほんしょう。

中日新聞の特集『コイズミを語る 紙上送別会』の、今日のテーマは靖国参拝。先月15日の首相の参拝に伴ったテーマです。インタビュー形式でしょうか。司会がそれぞれに順番に意見を聞いていく形で話が進みます。

参加者は衆議院議員、大村秀章氏。毎年8月15日に靖国参拝をしている、山下大輔氏。朝鮮日報・東京支局長、チョン クオンヒョン氏。東条英機元首相の孫、東条さん。

この中に非常に興味深い発言がありましたので、検証します。

チョン氏の発言
 まさか本当に参拝するとは思わなかった。哲学のない人が公約実現のためにやった参拝で、私は「テロ」として受け止めています。
 韓国の国民、中でも若者は靖国神社や合祀を良く知りませんが、「ヤスクニ」は、日本の侵略戦争を正当化するシンボルなんです。日本人は「心の問題」なんて、そんな言葉遊びにだまされるんですか。韓国人は非常に不快感を持ちました。
(後略)

大村氏の発言
 (前略)
 ただ、靖国の件では説明責任を果たしていません。日本は(戦犯を処罰した)極東軍事裁判を受け入れ、国際社会に復帰しました。その重みをどう受け止めるか。心の問題で片付けるのはあまりに乱暴です。

以上の発言。気になる所に赤を付けました。

チョン氏の発言ですが、まずは『私は「テロ」として受け止めています。』です。
テロとは暴力、または人を恐怖させるような手段によって行う政治の事です。首相の参拝によって誰が恐怖を感じたんでしょうか?韓国や中国は恐怖を感じたんですかね?そうは見えない。むしろ、竹島を軍事占領し、次に対馬を狙う韓国の方がよほど怖い。。。でも、あれはテロじゃないですよ。侵略です。チョン氏はテロの意味を理解しているのでしょうか。。。
次に『
韓国の国民、中でも若者は靖国神社や合祀を良く知りませんが、「ヤスクニ」は、日本の侵略戦争を正当化するシンボルなんです。』ですが。。。はい、言っちゃいました。無知宣言。遂に本性表しましたね。ようは理由なんて要らない。反日でありさえすればよい。って、感じかな?韓国は受験地獄らしいですね。でも、理由も知らないままに他国を否定している現状を見ると、学力は上がっても、心は底辺のままみたいですね。それに、国民に広く情報を与えるのがメディアじゃないのか。。。靖国や合祀を伝えるのを放棄して、ただただ感情的に反日を訴える愚行。。。それを朝鮮日報・東京支局長が認めた。ある意味歴史的な発言かと思います。こんな奴らが相手じゃいくら理論武装しようが相手にならんわ。。。ガキに理屈が通じないのと一緒。無知は怖いよ。。。


もう一人、大村氏の発言『
極東軍事裁判を受け入れ』です。言うまでもなく、日本は極東軍事裁判(東京裁判)を受け入れていません。裁判じゃなくて判決文を受け入れたの。小さく見えるけど、違いは大きいよ。この認識の違いは小泉首相もしてました。ようは国会議員さんも歴史を知らない。無知なんでしょうか。
そして、このコメントに対して正式な解釈を入れない新聞社。最近、戦争特集でサヨク記事垂れ流しの中日新聞。まぁ、それも経営スタンスかな。


以上、気になる項目を挙げてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »