« ちんもくのはね。 | トップページ | よごれ。 »

2006年5月29日 (月)

やみ。

空白な時間は、音もなく確実に僕を蝕んでいく。
笑顔を見たいから。。。優しさに見せかけた心は欺瞞にみちて。。。

透明色の現実は、極彩色の絶望とともに唄う。。。
人々が願う『永遠』。。。

儚い夢を、拙い言葉で綴るように。

あの日、『永遠』を唄った少年が、そのうつろな瞳で見つめていたのは、優しさを纏って君に語りかけた、あの日の僕だったのかもしれない。。。

願うなら、覚めない夢を。
祈るなら、刹那のぬくもりを。

はい。お久しぶりです。ここのところ、心身ともに極限の状態だったため、インターネットへの接続が全くできませんでした。まして、そんな状態で日記を書くなんて、とてもできませんでした。

たくさんの人を傷つけてしまいました。たくさんの人に支えられました。誰も信じることができなくて。。。そんな僕を支えてくれる人が居て。

まだまだ、世の中捨てたもんじゃないのかもね。


さてさて、週末、僕は某研修会に研究発表という形で、参加していました。某地方新聞でも取り上げられており、参加者数は200人くらいになったそうです。僕は、その中で、真ん中よりちょっと前くらいの順番で、発表をしました。人生で初めて、200人の聴衆の前で独りでステージにたち、持論を見解していく。その後、質疑応答がありどこぞの偉いお医者さんとバトルトークをする。
プレゼンテーションになれていない僕が、上手に演説できたなんて思っていません。てか、できていません。
でも、自分なりに評価できることもありました。それは、あんまり緊張しなかったのです。なんか、ステージの上にたったら興奮すらしてくる。。。
何なんでしょうね。。。
発表は滞り無く終了し、お医者たちからも賞賛の拍手をいただき、『今後の研究に期待している』って、言わせました。

さてさて、今回は発表が温泉地だったんですね。過去の日記に書いたかなぁ。。。具体的な場所名。
書いてあればご参照ください。なければ、秘密です。

ホテル近所の橋を渡っていると、橋の下には露天風呂が。混浴で無料の開放されたやつなんですが、橋の上から完全に丸見え。一つ間違えば、公然わいせつ罪が適応されるだろう環境です。

当然ながら、女性の入浴者なんて居る訳も無く、男どもが、はずかしげも無くさらけ出してました。。。
見たくないよ。。。隠してくれよ。。。

そんな嫌な景色を見た後に、足湯して、さらに露天風呂にはいりました。露天風呂からは、僕が宿泊したホテルの窓が見えました。


。。。?


てことは、窓からは僕たちが見えてたのかな。。。?

そして、塀越しにある、女風呂も。。。

確認作業はあえてしませんでした。マナーとしてね。


発表は疲れたけど、充実した観光もできたし、なかなか楽しい旅行でした。出張なので、費用は全部病院持ちなのも魅力。


ここのところの心の闇を、ほんの少しだけど、洗えました。

|

« ちんもくのはね。 | トップページ | よごれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26392/1990106

この記事へのトラックバック一覧です: やみ。:

« ちんもくのはね。 | トップページ | よごれ。 »